練習内容の変更


9月になって少し涼しくなってきました。練習も集中してできる季節になってきたと思います。4月から会員数も少しずつ増えて現在49名、羽曳野RCも38名となっています。 以前から小学校の低学年と高学年で同じ練習でいいのか?と考えていました。同じでいいところと違ってもいいところがあると思っています。上田コーチと相談して、人数も増えてきているので、途中でメニューを変えることにしました。

低学年は走るだけでなく、身体全身を使う運動を。アジリティと投げることも加えました。長い距離を走るのではなく、今必要な動きを体験して自分のものにする。とても大切な経験だと考えます

一方高学年は、繰り返しながらもしっかりした動きをマスターしてもらうことを目指して、短めの距離を少し多めの本数走ること。ときどき、長い距離を走って持続的な走りを頑張ることを取り入れました。

お互いのメニューが異なることで、お互いにいろいろ興味を持つのもいいことだと思います。

少し戸惑うこともあるかと思いますが、子供たちの意見も取り入れながら、子どもたちの今に適したメニューを取り入れて行こうと思います。 皆さんの積極的なお手伝いも大歓迎ですので、宜しくお願いします。


66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SCATTOの活動再開

4月から元気に始まったSCATTOの活動ですが、4/25以降緊急事態宣言の影響で活動を休止していました。6/20に宣言が解除されましたので、活動を再開することになりました。2か月間のお休みで身体を動かす習慣がなくなっているかもしれません。まずは、ウォーミングアップで身体を起こしていきたいと思います。ちょうど暑くなる季節ですので、無理はせず、給水と休憩を多くとりながら運動できる身体にゆっくり慣らして