南部忠平杯へ参加


GW中の5/3に服部緑地陸上競技場で大阪マスターズの南部忠平杯があり、井指が参加しました。南部忠平さんってご存知でしょうか?1932年のロサンゼルスオリンピック三段跳び金メダリスト、走り幅跳びの元世界記録(7m98)保持者です。札幌市出身ですが、大阪毎日新聞で勤務していたので大阪にゆかりがあり、妻の久子さんはマスターズに参加していました。今回も車いすでしたが競技場に来ていました。

井指コーチは脚を痛めていたため、短距離種目は棄権して、やり投げに出場しました。M50(50歳から54歳)では700gのやりになります(通常男子は800g)。1投目に45m06を投げて大会記録をだしましたが、1987年に出された大阪記録の45m50には惜しくも届きませんでした。これからトラック&フィールドはシーズンです。自己の目標をめざして頑張って行きましょう。

#スポーツ

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示