足の速さは子どものころには決まらない!“早熟型”と“遅咲き型”の問題点


オリンピック選手の中で、中学校の全国大会で入賞した選手は20%しかいない。 小学生においては、ほとんどいないのが実情です。 いろいろなスポーツをしながら、基礎的な体力、運動能力を身に付けることが大切です。 私たちもしっかりと走るのは高校生からと考えて指導しています。

記事は以下の通りです。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190426-00000088-sasahi-spo


閲覧数:140回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SCATTOで小、中学校のころから練習していた選手の活躍が目立ってきました。 高校生では、女子棒高跳びで大阪の1-2年生でトップ。U-18参加を決めています。 中学生では、現在も会員の選手が女子走り幅跳びで大阪3位となり近畿大会出場を決めました。 他にも、高校生では100m、400mHで好記録、中学生も100m等で順調に記録を伸ばしています。 マンツーマンレッスンの選手も女子200mで自己ベスト更