2020年最後のご挨拶


2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で通常と異なる1年になりました。しかしながら、皆さんのご協力のおかげで4-5月の2か月間の休止を除けば、通常と変わらない活動をすることができました。


陸上クラブでは公式戦が少なくて物足りない人もいたかもしれませんが、9月にクラブ独自の試合も開催することができたことでクラブ員の距離も近くなれました。


マラソン教室、スポーツの集いも大きな問題なく継続できました。ゴールデンエイジかけっこ教室は1クールを実施できませんでしたが、感染諸対策をしっかり行いながら多くの方に参加して頂くことができました。


このように大きな問題なく活動を継続できたことは皆様のおかげです。本当にありがとうございました。


2021年もまだいろいろな制限のなか活動を行うことになりますが、4月には太子町で陸上教室を開催予定など事業を拡大しながらも参加者に満足のいくような活動を行ていく予定です。


2021年も、SCATTOへの参加、活動へのご協力を宜しくお願いします。

一般社団法人SCATTO 代表理事 井指康裕

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SCATTOで小、中学校のころから練習していた選手の活躍が目立ってきました。 高校生では、女子棒高跳びで大阪の1-2年生でトップ。U-18参加を決めています。 中学生では、現在も会員の選手が女子走り幅跳びで大阪3位となり近畿大会出場を決めました。 他にも、高校生では100m、400mHで好記録、中学生も100m等で順調に記録を伸ばしています。 マンツーマンレッスンの選手も女子200mで自己ベスト更